コロナ禍でも英語学習は必要?【他人と差をつけるチャンス】

Pocket

「コロナの影響で海外にも行けないし、海外から来る人も減って英語を使う機会が減る気がする」
「外国にも行けず、これ以上英語学習は必要無いのかな?」

そんな疑問に答えるために「コロナ禍でも英語学習は必要?」という記事を書いて見ました。
結論、これまで以上に高い英語でのコミュにケーション能力が求められるようになるので英語学習は必要になります。

ビジネスの国際化が後戻りすることはありませんし、
WEB会議の爆発的な広がりにより、むしろ国をまたいだコミュニケーションの盛んになっています

在宅での仕事や勉強時間が増えた分、通勤や通学の時間が減り自宅でのまとまった英語学習に時間が確保できる様になっています。
時間を有効に活用できる人は今後大きく成長することができます。

コロナ禍での環境変化を活用して、一気に英語力を伸ばしましょう!

コロナ禍でも英語学習が必要な理由

英語のコミュニケーションは変わらず重要

コロナの影響で「緊急事態宣言」や「まん延防止等重点措置」が出されて、仕事は在宅勤務が中心になり、学校や塾にも行く機会が減っています。

飲み会など大勢の人数で集まって会話する機会も減って、直接人と接することが減りコミュニケーションの頻度が減っていますね。

海外に渡航することも制限されていて、海外出張や赴任、留学の機会も減っています。

今後もこの状況が続くと、英会話など英語学習の必要性もこれまでに比べ減って行くのでしょうか?

そんなことはありません!

コロナの影響で人と直接触れ合うことは減っても、ビジネスにおける国際的な取引が無くなったりすることはありません。
日本は少子高齢化で労働人口が減っている中で、海外の方の労働力に頼る必要がありますし、コスト競争力の高い製品を作り出すには固定費の安い外国での製造は必須です。

国内のマーケットは飽和しており、企業が生き残るためには海外でものを売りシェアを高めることが求められます。

コロナが蔓延してもしなくてもこの流れが変わることは決してありません。
国際的な共通言語である英語を習得した人がビジネスの世界で重宝されることは今後も変わりません。

オンラインのWEB会議ではコミュニケーションに限界がある

在宅勤務になるとおのずとオンラインのWEB会議が多くなります。
オンライン英会話を受けた方はわかると思いますが、実際に会って話すことに比べて画面越しで会話をするのは難易度があがります。

理由は以下のようなものが考えられます。

  • ボディランゲージが伝わらない
  • その場の雰囲気が伝わりにくい
  • 実物を前に会話が出来ない

映像でもボディランゲージを見せることはできますが、画面のサイズや解像度などもあり十分ではありません。

その場の雰囲気も同じで、同じ空間を共有するからこそ、楽しいや悩ましい、つまらないなどの感情面をリアルに共有できます。
画面越しになると雰囲気を共有することには、限界があります。

価格交渉や契約交渉であれば、エクセルやワードの画面を共有して各種の条件を共有しながら会話が出来ますが、
技術者だと実物を前に会話することで初めて、問題点や課題などが共有できるケースがあります。

オンラインのWEB会議ではこれから先いくら技術が進歩しても、実物を目の前で共有することには限界があります。

だからといってコロナ以前の状態に戻ってWEB会議が減るか?といってもそのようにはなりません。

これからはWEB会議でも使える英語力として

  • 最低限のボディランゲージで正確に伝わる英語力
  • 雰囲気なども伝えることが出来る語彙力
  • 写真などでも正確に課題や問題点を伝える説明力

が求められます。

コロナが落ち着いた後に一気に差が生まれる

WEB会議を進めるうえで便利な機能としてチャットがあります。
しゃべりながら同時にメモ代わりとして使えたり、音声に問題があった場合に文章で伝えることができる便利な機能ですよね?

英語での会話の場合もチャット機能は便利ですが、使いこなすためには瞬間的なリーディング力と
ライティング力が必要です。

電子メールが主体だったころは相手に返事を返す時に、考える時間を設けることが出来ました。
チャットだとリアルタイムの書き込みに対応しなければならないので、読み書きの瞬発力が求められます。

コロナが落ち着いて、実際に対面で会うこととWEB会議が共存するようになれば、
対面での会議とWEBでの会議の双方に対応することが可能な人が重宝されます

英語の学習時間に関しても、在宅勤務の空き時間を有効に活用して英語学習を続けられるかが鍵となります。
通勤時間が無くなりますし、これまでは不要だと思いつつも、上司の目の前なのでなんとなくこなしていた仕事もしなくてもよくなります。
飲み会の回数も減るので、スキマ時間だけでなくまとまった勉強時間が取れるようになります。
英語学習の意欲がある方にはうってつけの状況でしょう。

英語学習の時間を確保しつつ、対面での会話力、オンラインのWEB会議でのコミュニケーション能力の両方を上げる方は一気に成長し、差がつくことになります。

コロナ禍の英語学習で必要な重点ポイント!オンライン勉強を始めよう

在宅勤務を有効に活用して学習時間を確保する

通勤や仕事後の付き合いが無くなったことで英語学習に確保できる時間を改めて整理してみましょう。

通勤時間にも単語学習やリスニングの学習を行っていた方もいると思います。
ただ、歩いている最中や電車の待ち時間もすべて集中して学習できていたか?というそうでは無いと思います。

会社に行くための支度の時間もバカにはなりません。
着ていく服を選ぶ時間、身だしなみを整える時間、もっていくものを確認する時間などなど

通勤時間といっても身だしなみから、会社の席に着席するまでの時間で
英語学習ができない時間を棚卸すると結構な時間を捻出することが出来ます。

不要な仕事や飲み会をしなくて済むことも英語の学習時間を捻出するには大きいです。
もちろん、たまには息抜きも必要ですが、無駄な付き合いに時間を割かれることが無くなるのはありがたいですね。

まずは在宅勤務で自由に使えるようになった時間を確認してみましょう。

基礎学力を固めてオンライン英会話で実践力を鍛える

コロナ関係なく英語初心者の方は以下の基礎学習から初めてください。

  • 発音
  • 文法
  • リスニング
  • 単語
  • 簡単なフレーズ

英語学習の時間を確保できたからといって、初心者の方がいきなりオンライン英会話や難しい英字新聞を読んだりするのは次期尚早です。

少なくともTOEIC500以下の方は基礎学習から始めるようにして下さい

3か月ほど基礎学力を集中して勉強したら、オンライン英会話を始めてみて下さい

もともとは駅前留学などに比べて、費用が安いことで普及したオンライン英会話ですが、
在宅勤務でWEB会議が当たり前になった現在は英語でのWEB会議克服には持ってこいの学習方法です。

多くのオンライン英会話はフィリピン人の講師がメインです。

「ネイティブスピーカーに習わないと力がつかないんじゃないの?」

私もこれまで数多くのオンライン英会話を受講し、フィリピン人の先生に教えて頂きましたが、発音がきれいで、語彙、フレーズも豊富です。
少なくとも英会話マスターにでもならない限り、全く不足感はありません。

フィリピン人の先生方は、フレンドリーな方が多く、非常に親しみやすいです。

おすすめのオンライン英会話については以下の記事で紹介しています。無料で登録できますので、ぜひ登録して学びを加速させましょう!

関連記事

「オンライン英会話を利用してみたいけど安くて質が良いところはどこかな?」 「初心者でも安心して利用できるサポートが充実しているスクールってあるのかな?」   そんな疑問に答えるべく記事を書きました[…]

英会話初心者におすすめのオンライン英会話を徹底比較

コロナ禍でも英語学習が必要な理由-まとめ

コロナの影響で在宅勤務が定着し、コミュニケーションの機会が減っていますが、英会話の必要性は今後も変わりません。

少子高齢化の日本では海外に生産拠点を設けたり、マーケットを開拓していく必要がり、ビジネスの国際化は今後も変わりません。

オンラインでのWEB会議が定着し手軽に会議が行える分、英語でのWEB会議の頻度が上がる可能性があります
WEB会議ではボディランゲージやその場の雰囲気が直接伝わりづらく難易度もあがります。
スピーキング能力が今まで以上に求められます。

WEB会議ではオンラインでの会話と同時にチャット機能も使われますので、瞬間的なリーディング力やライティング力が求められます。

これらの勉強をするために、在宅勤務で自由に使えるようになった時間を整理し、英語学習の時間に充てるようにしましょう。
英語学習の初心者の方は基礎学習から実施し、3か月程度で発音、文法、リスニング、単語、基礎フレーズの基礎学力を学んだらオンライン英会話で実践力を養ってください。

Pocket

コロナ禍でも英語学習は必要?【他人と差をつけるチャンス】
最新情報をチェックしよう!